写真入り年賀状を印刷しよう!~印刷サイトはインターネットで検索~

DMを送る

印刷物

料金を抑えて面積を広げる

DM(ダイレクトメール)を送りさいにネックとなるのが送料です。広告の面積が大きくなるほどその送料は増加してコストが増えてしまいます。この送料を増加させずに広告の面積を大きくする方法が圧着ハガキです。圧着ハガキは特殊なフィルムをコーティングして圧着することで運んでいる最中は剥がれることがなく、届けばめくることができるものです。圧着ハガキは観音開きのものであれば2倍の面積になりますし、三つ折りであれば、6倍の面積を用意することができます。圧着ハガキそのものは通常のハガキと比べて割高ですが、送料は抑えることができるメリットがあります。または運んでいる間は中身を見ることができませんからクーポンを送ったりするさいにも強みがあります。圧着ハガキは送料を抑えて面積を広げることができるアイテムですが、また開封率が高いことでも知られます。この開けるということが人の目を引きつけるためで通常のハガキよりもDMとしては効果的です。圧着ハガキのDMを送る場合には専門の印刷業者に依頼する必要があります。多くの印刷業者が圧着ハガキに対応していますが圧着ハガキは一手間かかる方法であるためコストが高くなりがちです。コストは印刷部数によって変わってきますが5万部以上で納期に余裕があるもっとも最安値でも5円程度の費用がかかります。通常のハガキと比べても2倍程度のコスト増になりますが、送料に関してはハガキ1枚分と変わりませんから広告面積からしてもコスト増に見合うだけの効果を得ることができます。