写真入り年賀状を印刷しよう!~印刷サイトはインターネットで検索~

お客様に送るハガキ

ハガキ

よく使われているもの

近年ではDMの際によく圧着ハガキが使用されています。圧着ハガキとは二つ折りの紙の内側にお客様に伝えたい用件を記し、糊を塗布し圧力をかけ接着したハガキのことをいいます。普通のハガキに比べ面積が広いので、情報量も多く、また簡単に糊をはがせるのでDMには重宝されています。この圧着ハガキにはV型、L型、Z型、往復型などがあります。V型は通常のハガキの2倍の紙面を使用することができます。L型はプライバシーを守ることに特化しており、データや通信文と宛名をひとくくりにすることが可能です。Z型は3つ折りとなっていて、普通の紙の3倍の情報量を伝えることができます。往復型もまた多くの情報量を載せることが可能なタイプです。これらの圧着ハガキを作成したい場合は専門の業者に依頼する必要があります。まずは業者に連絡をします。現在ではネット上からの申し込みも多く、また手軽なのでおすすめです。連絡を入れると作りたいハガキのタイプを決めることになります。主な例としては上記のタイプが主ですが、他にも特徴的な形のハガキもあるのでそれらを選んでも良いでしょう。ハガキの形が決めれば見積もりに入り、見積額決まれば印刷したいデータを入稿します。データの種類は業者によってさまざまなのでしっかりと確認をしておきましょう。入稿が完了すれば出来上がりのイメージなどを業者側が用意してくれます。ここまでが終われば実際に印刷、圧着が行われ、お客様のもとへ発送、お支払いといった流れになります。